「強さ」溢れる女性ラッパー『Awich』を徹底解説!生い立ちや代表曲は?

ラッパー紹介
この記事を書いた人
starlight_0801

HIPHOP大好き、DJ紅のひかる騎士です!

starlight_0801をフォローする

皆様こんにちは。

HIPHOP大好きDJ紅のひかる騎士です。

この記事では、今やHIPHOPの世界でも有名な女性ラッパー、Awich(エイウィッチ)についてを特集していきます。

Awichと聞くと”いかついギャルラッパー”や”強そうな女の人”というイメージを抱きやすいですが、実際にはどうなのでしょうか。

まずは、Awichとはどんな人なのかを見てみましょう。

Awichのプロフィール

Awich(エイウィッチ)(本名:浦崎亜希子)は沖縄県那覇市出身の女性ラッパーであり、現在はand music事務所に所属しています。

Awichという活動名の由来は本名の漢字の直訳である「Asia Wish Child」を略した造語であり、2006年にデビューして以来この活動名を貫き続けています。

1986年12月16日生まれ(34歳)という年齢ながら、彼女の楽曲や歌詞には若い女性の社会や人間関係における思いなどが詰まっているものばかり。

中でも2020年1月にリリースされたアルバム『孔雀』には

  • 『Majinahanashi』など強気な歌詞が特徴のラッパー『KzM』
  • 『Cho wavy de gomennne』でブレークしたラッパー『JP THE WAVY』
  • 全身タトゥー輝くアングラ系ラッパー『OZworld』

とコラボしている曲も含まれるため、常に流行りを追い続けるHIPHOP好きの皆さんにとっては激アツなこと間違いないでしょう。

ちなみにAwichと聞くと『アウィッチ』と誤読してしまう人が多いとのことですが、正しくは『エイウィッチ』です。


Awichの生い立ち

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Awich(@awich098)がシェアした投稿

Awichは19歳の時にアメリカへ渡り、2つの学部の学士号を得て現地の男性と結婚し子供を出産。その後は家族みんなで日本に戻ろうと決意したそうです。

ところが2010年に現地で夫が銃殺され死別。その後Awichは日本に帰国。ラッパーとしての活動を本格的に開始したのです。

その後は2017年よりヒップホップクルーのYENTOWNに所属し、Chaki Zulu全面プロデュースによるアルバム『8』をリリースしました。

Anarchy、そしてKANDYTOWNのYOUNG JUJUなどを客演に迎えた8はシーンに衝撃を与え、知名度を飛躍的に上げるキッカケとなります。

その後もAwichの勢いは止まらず、

  • 2018年に『BEAT』『HEART』の2枚のEPをリリース
  • 2019年に同郷のラッパー唾奇(つばき)とのカップリングツアーを5都市で開催
  • 2020年7月にユニバーサルミュージックジャパンよりシングル『Shook Shook』を発表しメジャーデビュー

と年々輝かしい実績を積み上げており、Awichの今後の活躍からも目が離せません。

Awichのラップの特徴

black and blue digital device

数々の名曲をリリースしているAwichのラップの歌詞や雰囲気には

  • 帰らぬ愛する人に対する思いを言葉にしている
  • 自分の弱さに向き合うことで溢れ出す感情を表現している
  • 世の中や自分の身の回りの出来事に対してのストレートな感情を歌にしている

以上のような特徴が挙げられます。

波乱万丈な人生を歩んできたAwichだからこそ、大好きだった人への思いや世の中に対する気持ちをリリックにした歌はファンの心に届くのかもしれませんね。

Awichのオススメ楽曲5選

ここからは、Awichの楽曲においても筆者がオススメする5曲を紹介します!

Awichのオススメ楽曲①:洗脳

1940年代に『3S政策』や『クラフトワーク』といった言葉や、社会問題にもなった振り込め詐欺についての描写もあることが特徴です。

Awich本人やコラボしている他2名のラッパーがこのような昭和の世の中を第三者目線で達観し、“バカばっかだ全く!”と心の声を漏らしているかのような楽曲ですね。

Awichのオススメ楽曲②:Bad Bad

愛する人との別れを描いた楽曲である『Bad Bad』。英語と日本語が半分ずつ混ざりあった歌詞が特徴であり、wantやlonelyといった感情が歌詞に表れています。

若くして愛する相手との死別を経験してきたAwichだからこそ、この曲から溢れ出る彼女の思いは、コアなファンであればあるほどひしひしと伝わってくるものです。

Awichのオススメ楽曲③:紙飛行機

『紙飛行機』は好意を寄せている相手に対して抱く強い思いと、自分の弱さや未熟さに対する不甲斐なさといった2つの感情が交差しているような歌詞が特徴的です。

また、歌詞の中に空や海、鉛やナイフといった描写があるように、この楽曲からは遠い遠いところにいる相手への思いの強さ、言葉の重さを感じさせられます。

カップルで一緒に聴いたり、朝早くの時間や夜寝る前の時間に聴くのにもオススメの楽曲です。

Awichのオススメ楽曲④:WHORU?

『WHORU?』は、有名ラッパー『ANARCHY』とコラボしている楽曲であり、主に自分に対して対抗心を燃やしてくる相手や理不尽な現実に対する思いが込められています。

自分に対してマウントをとってくる人たちに対する”マジでお前誰?”という言葉、変わらぬ現実に対して言い放つ”マジリアルって何?”という思いの束。

同じような経験をしたことのある人なら、聴いて共感すること間違いなしでしょう。

Awichのオススメ楽曲⑤:Remember

『Remember』は自分自身の若い頃の思い出を語るAwichと、それに対しての気持ちや見解を問いかけるYoung Jujuとのデュエットで構成されたです。

歌詞の中には”なぜ恐れるの?”や”ずっと抱えながら生きるの?”といったフレーズも含まれるため、何かの壁にぶつかっている方は共感しやすいリリックなのではないでしょうか。

間奏部分は優しい雰囲気のEDMのような雰囲気もある曲であるため、飲み会などで盛り上がる曲にもなる他、ランニングや筋トレなどのBGMとしてもオススメですよ。

 

この他にも紹介し切れないほど多くの素敵かつ無敵な楽曲をリリースしているAwich

以下にはAwichの公式サイト及びSNSについてをまとめております。

興味のある方は是非チェックしてみましょう。

Awichの公式サイト、SNSはこちら

まとめ

この記事では、女性ラッパーAwichについて紹介しました。

癒えない過去の悲しみを抱きつつ、強い女性ラッパーとして今日も舞台に躍動するAwich。今後とも私たちの共感を呼ぶ楽曲を次々と創り出して欲しいものです!

 

ココロとカラダにいいこと。CBDグミ【RECLIA】



コメント

タイトルとURLをコピーしました